サイトタイトル

主催企業

旭化成建材株式会社岩国工場

旭化成グループならではの、無機化学と有機化学の技術を融合したユニークな建材メーカーを志向しており、ALC(軽量気泡コンクリート)、鉄骨構造用資材、基礎杭、断熱材などの分野で、先進性を追求した高付加価値な製品と施工技術を提供。
岩国工場では主力商品の「ヘーベル」(ALC軽量気泡コンクリート)を製造している。

画像:企業バナー
所在地 岩国市通津3915
TEL 0827-38-1211
URL https://www.asahikasei-kenzai.com/

出展分野についてのご説明

画像:旭化成のALC

環境に優しい

ALCパネルは珪石・石灰・セメントなどの自然素材を使用した無機質原料で製造されており、シックハウス症候群の原因物質である有機化合物は一切含みません。外壁、間仕切、屋根、床に使用可能。
また、アスベストなどの揮発性有機化合物も一切含んでいないため、健康で安全な空間をつくることができるほか、断熱性能に優れ、普通コンクリートの約10倍の性能を持っています。ALCパネルは、軽量のわりには音を伝えにくい性質をもっています。他の材料と合わせて使用することにより、共同住宅の界壁に使用することも可能です。

災害に強い

ALCパネルの内部には、補強材として防錆処理を施した鉄筋マットなどが組み込まれており、使用上十分な強度を発揮。さらに、コンクリートでありながら水に浮くほどの軽量性も兼ね備えたALCは、地震時の建物への負担も軽減し、取付も変形の影響を最低限にとどめることが可能な構法です。
また、素材が無機質であるため、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。また、ALCパネルには細かい気泡があるため、空気層が熱の伝わりを抑えます。阪神淡路大震災ではそのとき発生した大火のなかにあってALC建築は焼け残り、防火壁となって延焼を食い止める役割を果たした例が多数見られました。

優れた耐久性

ALCは乾燥収縮や熱膨張が小さいため、夏の酷暑や冬の低温・乾燥などに強く、ひび割れや反り、たわみといった変形が起きにくい安定した材料です。物性や寸法などの経年変化が極めて少なく、メンテナンスがしやすいロングライフ外壁材です。塗装をリフレッシュすると新築時のイメージがよみがえります。適切なメンテナンスで、築32年のヘーベルパワーボード住宅で耐久性調査を実施し、外壁性能に問題が無いことを確認いたしました。

リサイクル
旭化成建材は1997年に広域再生利用指定、2004年に広域認定を受け、建設現場の廃材を製造工場にてパネルの原料にリサイクルし、使用しています。ヘーベルの特性を活かして様々なものに生まれ変わっており、例えばヘーベルパネルを細かく砕いて補強鉄筋を取り除いたものを屋上に敷き詰めると、軽量で土壌のような性質があるため肥料成分を含浸させることにより、構造体に負担の少ない屋上緑化を実現できます。

資料ダウンロード