サイトタイトル サイトタイトル

出展企業

NO. 27

高橋産業株式会社


出展分野: 精密加工に関する技術

No. 27 高橋産業株式会社

精密加工に関する技術

技術製品1

アルミ 複雑形状加工品、、鉄-削り出し加工、鉄-薄物加工等

画像1-1は22年10月の大阪機械要素展に出展するため加工した自社製品です。 材質-A5054 深く、薄くをテーマに加工しました。 その他は様々な薄物マシニング加工などになります

技術製品2

挽目のきれいな加工 面粗さ良く スリ傷ひとつない なめらかな仕上がりの加工品

22年10月の大阪機械要素展に出展するため加工した自社製品です。 材質-SUS304 挽き目のきれいな加工 面粗さ良く スリ傷ひとつない なめらかな仕上がりの加工品。 ネジ、、ミゾ、アリミゾ、内径小径ロング加工等、すべての箇所がきれいになめらかに仕上がっています。 公差j6、h7

技術製品3

スパイラル加工、MC加工品、Φ5L200小径加工、小径から溝加工

材質-S45c Φ65L250 公差m6 スパイラルミゾ加工 ドラムスパイラルセンセーション 左ねじれ 傾斜45度 MC加工 Φ5L200加工 既存の工具ではできない小径からミゾ径加工 小物加工 精度を追求するには工場の温度コントロールが不可欠です。 断熱施工してない工場の室温は朝昼では10度以上の気温差があります。 夏の暑い日、冬の寒い日も温度差が大きくでます 鉄でできている工作機械も検査機器も影響をうけます。 鉄は10℃違うと1mの長さの物で0.1mm伸び縮みします。SUS,ALも同様です。  厳しい精度が要求された図面通りの品質をつくるには温度管理が不可欠なのです。 弊社は小さな町工場ですが温度管理された恒温工場で切削し、恒温の検査室で東京精密の最新の三次元測定機で精度保証しています。 弊社のような小さな規模の工場でここまで徹底してやる町工場は国内で他にありません。 高い技術でお客様の望む所へ橋を架ける高橋産業㈱を宜しくお願いします。

高橋産業株式会社

設立年月/ 1963年8月5日

所在地/ 山口県下関市彦島塩浜町1-8-3

資本金/ 1000万円

従業員数/ 8人

URL/ http://kikaikako.com/c5/

事業概要/ NC旋盤とマシニングセンタによる機械加工品の制作。温度管理された恒温下の工場で金属切削をおこなうことで加工精度の追求をします。品質は同様に恒温下の検査室で東京精密製の三次元測定機で保証、管理しています。他の同規模の町工場とは一線を画し、他社でできないといわれたものでも積極的に挑戦して技術、付加価値を向上させ、お客様のお仕事に貢献致します。

保有技術/ 1.薄物加工技術 2.軸物加工技術 3.高硬度材加工技術 4.真円加工技術 5.面粗さ技術 6.かすり傷も許さない製品管理技術 7.複雑形状品加工技術 

一覧へ戻る