サイトタイトル
   

主催企業

旭化成建材株式会社岩国工場 岩国市通津3915

旭化成グループならではの、無機化学と有機化学の技術を融合したユニークな建材メーカーを志向し、ALC(軽量気泡コンクリート)、鉄骨構造用資材、基礎杭、断熱材などの分野で、先進性を追求した高付加価値な製品と施工技術を提供。
岩国工場では主力商品の「ヘーベル」(ALC軽量気泡コンクリート)を製造している。

画像:リンクバナー

出光興産株式会社徳山事業所 周南市新宮町1-1

徳山事業所は1957年に出光初の製油所として操業を開始し、1964年には隣接地に建設した石油化学工場から周南コンビナート各社へのエチレン供給をスタートしました。現在は、石油化学製品の国内主力製造拠点として、周南コンビナート各社へ各種化学原料を供給すると共に、石油製品の物流拠点として、地域の皆様へ石油製品を供給しています。徳山事業所は常に地元と共にあり、安全安定操業のもと、更なる競争力強化を図り、地域社会の発展に貢献できる事業所を目指しています。

画像:リンクバナー

宇部興産株式会社 宇部市大字小串1978-96

UBEグループは『化学』『建設資材』『機械』の3事業を展開しています。国内の工場は、宇部工場のほかに藤曲(山口)、千葉、堺、伊佐(山口)、苅田(福岡)。海外ではスペイン、タイにカプロラクタムやナイロン樹脂、ファインケミカルなどの生産拠点を設け、グローバルな市場で活動しています。

画像:リンクバナー

ENEOS株式会社麻里布製油所 玖珂郡和木町和木6-1-1

山口県の最東端に位置し、1943年(昭和18年)に操業を開始した歴史ある製油所。
生産する石油製品の約9割が軽質油という典型的な分解型の製油所で、なかでも通常の製油所にはない石油コークス製造装置を備えており、生産された電気炉電極用の高品質ニードルコークスは、世界最高の品質を誇っている。

帝人株式会社岩国事業所 岩国市日の出町2-1

テイジンは、国内初のレーヨンメーカーとして1918年にスタートし、企業変革を重ね「マテリアル」「ヘルスケア」「IT」という3つの異なる事業領域を併せ持つユニークな企業体。岩国事業所は、1927年にレーヨン工場として操業を開始。高機能繊維や医薬品、在宅医療へと幅を広げ、生産・開発拠点として発展を続けている。

画像:リンクバナー

西部石油株式会社山口製油所 山陽小野田市西沖5番地

当社で生産する石油製品は、自動車向けのガソリンはもちろんのこと灯油など家庭用燃料、ポリエステルなど繊維化学製品の原料、航空機用・船舶用燃料、または発電所用燃料など非常に多岐に渡ります。私たちの事業は、「エネルギーの安定的な供給」という最大のテーマとともに、 暮らしに、産業の発展に広く関わりを持ち、常に「社会への貢献」と「エネルギーの未来」という大きなテーマが存在しています。

画像:リンクバナー

セントラル硝子株式会社宇部工場 宇部市大字沖宇部5253番地

セントラル硝子グループの事業活動を大きく捉えると、ガラスと化学という二つの分野に大別できます。そのいずれもが、未来の社会に大きく貢献する可能性を秘めています。当社はこの二つの世界で、技術や知見を深耕するとともに、社会やユーザーの要請を探索し、それに応えるべく日々弛まざる努力を重ねています 。さらにガラス、化学両部門の技術を融合して、他にない新製品を創り出すことで、セントラル硝子グループの幅広い未来を形成していきます。

画像:リンクバナー

東ソー株式会社南陽事業所 周南市開成町4560

ビニル・イソシアネート・チェーンをはじめ、コモディティ事業とスペシャリティ(機能商品)事業が融合した東ソー発祥の主要生産拠点。 単一工場としては日本最大級の敷地、電力会社並みの発電能力、大型船舶が接岸できる港湾設備などを有している。

画像:リンクバナー

東洋紡株式会社岩国事業所 岩国市灘町1-1

1882年渋沢栄一によって設立されました。創業から幅広い分野でたくさんの技術を提供し続け、現在は、フィルム、自動車用資材、環境関連素材、バイオ・医薬など、多くの高機能製品を提供する〝高機能製品メーカー”へと発展しています。岩国工場は1937年に創立されました。

画像:リンクバナー

株式会社トクヤマ 周南市御影町1-1

基礎素材分野から、最先端のICT・ライフサイエンス・環境分野まで幅広く事業を展開。化学素材メーカーであるトクヤマのフィールドは、ますます深く広がっています。半導体の微細化・高度化に役立つ数々の製品のシェアは、世界トップクラス。トクヤマは、独自の最先端技術で、明日の暮らしを支える素材を世に送り出しています。

画像:リンクバナー

日本製紙株式会社岩国工場 岩国市飯田町2-8-1

1939年(昭和14年)にバルブの生産からスタートし、洋紙、化成品などの関連分野に事業を拡大してきた伝統ある工場で、高い生産性と高品質を誇り、安全で環境に優しい、そして明るく健康的な職場を備えた「世界の一流工場」を目指し躍進を続けている。

画像:リンクバナー

日本ゼオン株式会社徳山工場 周南市那智町21

徳山工場は、1965年8月、自社のブタジェン抽出技術GPB法によるモノマーを活用した汎用合成ゴムの主力工場として誕生。
現在では、タイヤ・樹脂改質用汎用ゴム、自動車部品用特殊ゴム、樹脂改質・紙加工・手袋用ラテックス及び重合法トナー、単層カーボンナノチューブを生産。
工場敷地面積243,750㎡を擁する、世界でも有数の規模を誇る合成ゴム工場。

画像:リンクバナー

三井化学株式会社岩国大竹工場 玖珂郡和木町和木6-1-2

岩国大竹工場は、日本で最初の総合石油化学工場として1958年(昭和33年)に操業を開始。山口県岩国市及び和木町、広島県大竹市の2県2市1町にまたがって立地し、敷地面積は広島マツダスタジアムの約40個分の広さに及び、ポリエステル繊維の原料となる高純度テレフタル酸(PTA)とペットボトルの原料(ポリエチレンテレフタレート)の国内最大級の生産拠点。

画像:リンクバナー

公益財団法人 やまぐち産業振興財団

山口県の産業技術の高度化、中小企業等の振興発展及び新たな産業の創出を総合的に支援している。

画像:リンクバナー

地方独立行政法人 山口県産業技術センター

県内企業等の「中核的技術支援拠点」として、高度化・多様化する企業ニーズに迅速かつ的確に対応していくため、成長産業の発展に向けたイノベーション推進等の取組を実施している。

画像:リンクバナー

山口県(産業戦略部)

山口県では、産業戦略の指針として策定した「やまぐち産業イノベーション戦略」に基づいて、本県の高度技術、産業集積を活かした「戦略的イノベーション(技術/生産/経営革新)」の加速的な展開を図り、重点成長分野の発展・拡大や、生産性、付加価値の向上による県経済の持続的成長を目指して取り組みを進めています。

                   
画像:リンクバナー